COVID-19

新型コロナ関連情報

 

現地発の最新情報をお知らせします

新型コロナウィルス対応についてのQ&A

(2022年9月15日更新)

すっかりコロナ前の雰囲気に戻りました。
リゾート内巡回バス車内のマスク着用義務もなくなり、屋外でマスクをしている人はまず見かけません。
 
スーパーの店員さんなど、かなり限られた人のみが屋内のみで自主的にマスク着用をしている程度です。
 
ゴンドラ乗車もマスクなしで乗り合いと、コロナ以前と同じに戻っています。
カフェテリア利用にワクチン接種証明書を提示する必要もなくなりました。
 
 

お得な早割リフト券「各種エピックパス」は、12月頭まで販売が続きます。

ベイルのスタンダードホテル「エバーグリーンロッジ」では9月末までが最安値でのご予約となりますので、夏のうちのご手配がお得な旅の決め手です。
 
 

はい、過去2シーズンも予定通り全日営業をしました。2022−23シーズンも11月から4月までのリフト&ゴンドラ稼働が予定されています。
 
2年前に導入された予約制は昨シーズンは無くなり、2022−23シーズンも予約不要となります。
 
 

はい、できます。
 
18才以上の方は、新型コロナワクチンの完全接種証明書が必要となります。
 
必要書類の提示ができない場合は日本発の飛行機に乗れませんのでご注意ください。
 
認められるワクチンの種類、ワクチン接種期間、検査方法等についての規定があります。
(英語公式サイト)米国CDC(アメリカ疾病予防管理センター)ウェブページ
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

 
なお、事前の陰性証明の準備は不要で、アメリカ入国時の検査もありません。
 
 

ご出発前には以下の書類をご準備下さい。
 
パスポート
ESTA申請
ワクチン接種証明(18才以上*)
 
新型コロナ検査の陰性証明は2022年6月より不要になりました。
 
注* 2才から17才の児童は、ワクチン未接種でのアメリカ入国が認められます。
 
 

コロラド州では、以下の状況があるときに隔離と検疫を求めています。
 新型コロナウィルステストで陽性反応が出た人
 咳、熱などの新型コロナウィルスの症状がある人
 体調が悪く新型コロナウィルス感染が疑われる人
 
https://covid19.colorado.gov/are-you-sick/isolation-and-quarantine
 
ベイル&カッパーマウンテンにお越しの場合は、上記のような自覚症状がなければ隔離は不要です。
 
ワクチン完全接種者は濃厚接触者になっても隔離不要です。
 
なお、アメリカでは隔離と検疫の規定は各州により異なります。
 
 

ユナイテッド航空の成田〜デンバー直行便は運航休止となっており、現在は、アメリカ西海岸等の経由便等でデンバーに入ることができます。
 
2022年9月現在、2023年の直行便の新規予約は受け付けており、早ければ2023年1月に再開となる可能性があります。
 
アジア各国の水際対策がかなり緩和され、2022年夏の米国〜アジア太平洋便はほぼ全便満席で運航されているため、各航空会社も人員配置が出来次第、太平洋便の増便をする方向です。
 
 
 
ユナイテッド航空カスタマーサービス電話番号(日本) 
https://www.united.com/ual/ja/JP/fly/contact/reservations/asia.html
 
ユナイテッド航空運航スケジュール一覧 
https://hub.united.com/united-japanflights-schedule-2652956203.html
 
デルタ航空運航スケジュール一覧 
https://news.delta.com/delta-brings-back-more-flights-across-atlantic-and-pacific-winter-and-summer-2021-JP
 
全日空運航スケジュール一覧 
https://www.anahd.co.jp/ja/jp/topics/notice200206/
 
 

2021年7月より、シャトルバスの運行規制はなくなり、新型コロナ以前と同様に運行されています。
 
空港からの専用車ハイヤーも運行しておりますので、プライベートカーでの移動もできます。
 
 

はい、昨シーズンはゴンドラ乗車人数制限もなく、春には屋内でのマスク義務も解除され、リフト&ゴンドラもすべて稼働し、全面滑走可能、コロナ前と同じにスキー&スノーボードを楽しめました。
 
2022−23シーズンはサンダウンボウルに新しいリフトが新設され、さらに雪上体験がアップグレードされますのでお楽しみに!
 
 

これまでより緩いキャンセルポリシーを適用しているホテル&コンドミニアムも少なくありません。
 
また、ベイルの「アントラーズコンドミアム」では、万が一のキャンセル時に、お支払い済み金額を次回の滞在に全額転用できるプランに追加料金で加入できるプランを提供しております。
 
詳細については、どうぞお気軽にスキーアメリカまで、お問い合わせください。
 
 

国際航空運送協会(IATA)の発表によると、12億人の搭乗者に対して44件の感染事例があり、機内での感染確率はかなり低いとの見解を示しています。
 
また、機内の空気は1時間に20〜30回という、オフィスや学校よりも高い頻度で入れ替わっていることが検証がされています。
 
記事全文はこちら 
https://www.travelvoice.jp/20201010-147273
 
2022年4月より、アメリカでは空港、及び航空機内でのマスク着用義務はなくなりましたので、マスク着用は個人の判断に委ねられています。
 
 
 

ベイルスキー場では、マスク着用義務、及びワクチン接種証明書の提示の必要はなくなりました。
 
清掃と換気の徹底、手洗いの励行、従業員の毎日の健康チェック、現金利用の停止、が継続されています。
 
 

ベイルのある、コロラド州イーグル郡の情報はこちらですが、自宅での簡易検査も多いため全数把握はされていません。
 
https://sites.google.com/eaglecounty.us/covid/english
  

海外旅行保険加入者の方が海外旅行中に体調が悪くなった場合
 
 1.  保険会社に連絡をする
 2.  保険会社から近隣の提携病院を紹介してもらう
(ご本人の立替払いなし、のキャッシュレス受診ができる病院をお勧めします)
 3.  病院にて診察を受ける
 4.  医師の指示に基づき必要な検査と治療を受ける
 
ベイル&カッパーマウンテンの近隣エリアには総合病院があり、スキーアメリカスタッフが通訳付添でフルサポートいたしますので、ご安心ください。
 
 

新型コロナによる治療費用は、以前より補償対象でしたが、それに加え、万が一旅先で感染し帰国できない場合のホテル代や飛行機代を補償するプランが各社より提供されています。また、ご出発前のキャンセルについては、旅行変更費用特約へのご加入で補償されるプランがあります。
 
新型コロナに限らず、海外旅行保険のカバー範囲は、常に保険契約内容と医師の診断を基に保険会社が判断しますので、ケースバイケースになりますことをご理解の上、ご自身の海外旅行保険のご契約前に詳細をご確認ください。
 
 

2022年9月7日より、ワクチン3回接種済の方は、日本へ帰国する前の新型コロナ検査が不要となりました。
 
ワクチン接種回数が2回以下の方は、まだ陰性証明が必要です。
 
ご帰国前にスマホにインストールするアプリ、事前の書類提出(ファストトラック)の準備も、現地にてスキーアメリカスタッフがフルサポートお手伝いいたします。
 
ファストトラックご案内ページ

在デンバー日本国総領事館ウェブページ
https://www.denver.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/covid19.html
 
 

厚生労働省から水際対策の見直しの発表があり、2022年6月1日より、
米国からの帰国時は、到着空港での新型コロナ検査、及び自宅待機はありません。

また外務省から、感染症危険情報レベルの変更があり、米国への渡航はレベル1(十分注意してください)に引き下げられています。
 
 
○厚生労働省新型コロナウイルス感染症 電話相談窓口
海外から:+81-3-3595-2176(月曜~金曜、日本時間09:00-21:00)
日本国内から:0120-565-653(月曜~金曜、日本時間09:00-21:00)


MORE

もっと知りたい
VOICE

お客様の声

ベイルにお越しのお客様のご感想

ARTICLE

ベイル紹介記事

ベイルの雑誌掲載記事

FAQ

よくある質問

お気軽にお問い合わせください

STAY

ご宿泊

ホテル&コンドミニアム

LIFT TICKET

リフト券

シーズンパスと割引リフト券

SKI GUIDE

マウンテンガイド

レベルに合わせて楽しく!

TRANSFER

空港送迎

空港からご宿泊先までの送迎