新型コロナのワクチン接種証明書を用意

2回目の接種後2週間経過で完全接種とみなされます。

 

2021年11月8日より
アメリカ行きフライトの搭乗手続きの際に、新型コロナワクチンの接種証明の提示が必要となります。
 
日本で認可されている、ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ、の3種類のワクチン接種証明はアメリカ入国に有効です。
 
2回受けるワクチンの場合、2回目のワクチン接種から14日が経過するとワクチン完了とみなされ、アメリカに入国することができます。たとえば、2回目の接種が10月1日であった場合、10月15日が14日間の要件を満たす最初の日となります。
 
 
ワクチン接種証明書はお住まいの各自治体にて発行されます。取得にかかる日数は各自治体により異なりますので、お早めにご準備下さい。
 
ワクチン接種証明書には、以下の内容が必要です。
 パスポート記載と一致する名前と生年月日
 公式の証明書発行機関名
 ワクチンの種類と接種日
 
18歳未満の子供はワクチン接種証明書の提示義務はありません。
 
 
 
 
証明書の受理は、各航空会社が行いますので、詳しくはご利用予定のエアラインにもお問い合わせください。
 
ユナイテッド航空の場合
 
ユナイテッド航空 カスタマーサービス 
 03-6732-5011 または -5022

 
 
米国CDCの公式サイト
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html


MORE

もっと知りたい
VOICE

お客様の声

ベイルにお越しのお客様のご感想

ARTICLE

ベイル紹介記事

ベイルの雑誌掲載記事

FAQ

よくある質問

お気軽にお問い合わせください

STAY

ご宿泊

ホテル&コンドミニアム

LIFT TICKET

リフト券

シーズンパスと割引リフト券

SKI GUIDE

マウンテンガイド

レベルに合わせて楽しく!

TRANSFER

空港送迎

空港からご宿泊先までの送迎